スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • 練習中に肉離れを起こした

  • 転倒して捻挫してしまった

  • 野球をしていて肩が痛む

  • スポーツをしていて慢性的な腰痛がある

スポーツにおけるさまざまなケガの症状について

スポーツをしていれば、さまざまなケガをしてしまう可能性があります。

 

転倒や衝突することによって捻挫や骨折、肉離れを起こすこともあるでしょう。

また、継続的にスポーツをしていれば慢性的な肩や腰の痛みに悩まされる方もいらっしゃいます。

 

そんな時、正しい応急処置や対処を行えていますか?

スポーツによるケガ改善メニュー Recommend Menu

スポーツ障害とスポーツ外傷について

スポーツをしているとさまざまなケガをする可能性があります。

スポーツ選手だけではなく、部活動をする学生や、運動不足を解消するために運動をする中高年にもスポーツによるケガは多いものです。

スポーツにおけるケガは、大きく分けると「スポーツ障害」「スポーツ外傷」の2種類のケガに分けることができます。

 

【スポーツ外傷】

 

スポーツ外傷とは、外部から受けた一度の衝撃によって起こるケガです。
スポーツ中に転倒してしまったり、人や道具とぶつかってしまったりすることで起こるケガのことを指します。

痛みや腫れなど目に見えて分かりやすい症状が現れるケースが多くなっています。

スポーツ外傷における主なケガは、打撲や捻挫、肉離れ、骨折、脱臼などが挙げられます。

 

 

【スポーツ障害】

 

スポーツ障害は繰り返し同じ部分に負荷がかかり、炎症や損傷を起こすケガです。
目に見えて分かりにくい場合も多く、徐々に痛みが現れます。

スポーツ障害におけるケガは、テニス肘・野球肘や野球肩、アキレス腱炎などが挙げられます。

スポーツ障害が起こる原因は、主に3つ挙げられます。

●オーバーユース(overuse)

スポーツで同じ筋肉や関節を繰り返し使うことで、同じ部分に負担がかかります。
そうすると、負荷が蓄積されれば筋肉や関節は疲労してしまい、炎症や痛みを引き起こしてしまうのです。
例えば野球のピッチャーが投球をしすぎることで肩を痛めるといったことが、オーバーユースになります。

●ミスユース(misuse)

ミスユースは、間違った筋肉や関節の使い方のことを指します。
誤ったフォームでスポーツを続ければ、余計な部分に負荷がかかることになるためケガに繋がります。

●ディスユース(disuse)

ディスユースは、急な刺激に筋肉や関節が対応できない状態のことを指します。
準備運動やストレッチなしで急な動きをすれば、筋肉や関節がうまく対応することができずにケガをしてしまうのです。

 

スポーツにおけるケガの対処法について

スポーツをしていれば、いつどんなケガをするか分からないものです。

そのため、ケガをしないように予防をし、日常でできるケガへの対処法を知っておくべきでしょう。

対処法を知っていれば、受傷してもすぐに対応することができます。

 

【日常で行える対処法】

 

スポーツ中にケガをした場合には、受傷してすぐに応急処置を行います。
応急処置を行うことでケガの悪化を予防するだけではなく、早期改善に繋がります。

応急処置では、RICE処置と言う方法を行います。

R:Rest(安静にする)
患部を動かさないようにして安静にします。

I:Ice(冷やす)
患部を冷却パックなどでアイシングし、炎症を抑制します。

C:Compression(圧迫する)
患部を包帯やテーピングで適度に圧迫することで、炎症や痛みを軽減しながら固定します。

E:Elevation(拳上する)
患部を心臓より高い位置に挙げ、炎症や内出血を抑制します。

ただし、あくまでも応急処置になるので、痛みが強い場合には応急処置を終えた後は医療機関へ行くことをおすすめします。

 

【ケガの予防方法】

 

スポーツにおけるケガを予防するには、スポーツの前にしっかりと準備運動やストレッチを行うことです。

そうすれば、急な動きによる筋肉や靭帯の損傷、転倒による損傷などの予防が期待できます。

とくに中高年の方は日頃からストレッチをすることで筋肉や関節をほぐすことができるので、スポーツによるケガだけではなく肩こりや腰痛の改善・予防にも繋がるでしょう。

また、スポーツにおけるフォームが正しいか見直すことで、ミスユースによる損傷の予防に繋がります。
フォームが正すことで、ケガの予防だけではなくパフォーマンス能力も高められるというメリットがあります。

松戸中央整骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

当院ではまず最初に症状の原因を探り、その上で患者さんお一人お一人に合った的確な施術プランをご提案します。

偶然の事故で起こるケガ以外の多くの原因は「セルフケア不足」「筋力不足」「フォームの悪さ」にあると考えています。

「超音波療法」「鍼灸」「ハイボルト療法」「骨格矯正」「経穴(ツボ)へのアプローチ」「テーピング」を使って、まず最初に痛みの軽減を目指します。

その後は痛みが取れた部分の管理を徹底し、痛みの再発防止に努めます。

また、スポーツでのケガは多岐に渡るため、

「競技に合わせてのテーピング」

「日常トレーニングにおいて競技によって鍛えるべき箇所のアドバイス」

「フォームのご提案」

「ケガをしにくくするためのアドバイス」

なども行っています。

 

 

【スポーツに対する施術方法】

 

■保険施術

原因が明確である捻挫・打撲・挫傷・骨折・脱臼や繰り返しの動作によるケガに対して使用できます。
保険が使用できるか判断が難しい場合などはご相談ください。

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を流すことにより、神経の圧迫・炎症を抑える、インナーマッスルの活性化に期待ができます。
寝違えやぎっくり腰などの症状にアプローチして痛みの緩和を目指します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

人間の身体には微弱電流が流れていて、その乱れによって症状が出てしまうことがあります。
丸いテープを貼ることで乱れた体内の微弱電流を整えるとこを目指します。
テープにはいくつか種類があり、それぞれ効能に特徴があるため症状に合わせてテープを使い分けます。

 

■テーピング

痛めている筋肉のサポート・保護・手助けすることで症状の緩和を目指します。
テーピングにはさまざまな種類があり、それぞれ効果や役割に特徴があるので症状に合わせたテーピングテープを使用します。

 

■骨格矯正

筋肉の緊張によりゆがんでしまった骨格を正しい位置に調整することで、症状緩和を目指します。
姿勢改善や肩こり、腰痛などの慢性的な症状改善も期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで、症状の緩和を目指します。

 

■ドレナージュ
【DPL】

クリームを使うことでふくらはぎや膝裏の血液、リンパの流れの促進を目指します。
溜まった老廃物を流すことが期待できる施術です。
足のむくみや冷え性などの症状でお悩みの方におすすめです。

 

■鍼灸

鍼の刺激が起こす好転反応によって患部の修復機能が高まり、症状の早期回復が期待できる施術です。
お灸はモグサを皮膚の上(ツボに)置いて燃やし、温熱刺激によって体調を整えることを目指します。
免疫機能・代謝機能を高め病気になりにくい身体を目指します。冷え性や婦人科系の病気でお悩みの方におすすめの施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:寺内 大二
趣味:スポーツ観戦

ウォーキング
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:松戸駅前中央整骨院
住所〒271-0077 千葉県松戸市根本2-1
最寄:松戸駅から徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】松戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 松戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】松戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 松戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】松戸駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中