脱臼でお悩みの方へ

脱臼によくある症状

  • 肩を強く
    捻った後
    動かせな
    くなった

  • 柔道をして
    いるので
    脱臼の不安
    がある

  • 大会が近いので
    脱臼を
    早く治したい

  • 脱臼の正しい
    処置方法を
    知りたい

脱臼に不安はありませんか?

脱臼はスポーツ現場はもちろん、仕事にて身体をよく使う方に発生しやすくなっています。
適切な処置方法はもちろん、脱臼の場合は再発の予防についても知っておくことが大切です。

 

こちらのページでは脱臼の症状、対処法について詳しくまとめてあります。
脱臼に不安のある方は、ぜひ最後までご確認ください。

脱臼早期回復メニュー Recommend Menu

脱臼の種類や原因、特徴的な症状について

脱臼は関節が外れた状態をいいます。
しかし、一口に脱臼といっても、種類や原因もさまざまです。

こちらでは「脱臼の種類、症状」をメインに詳しくご紹介していきます。

 

【完全脱臼と不全脱臼(亜脱臼)】

 

脱臼は程度によって「完全脱臼」「不全脱臼(亜脱臼)」にわけられます。

完全脱臼関節が完全に外れてしまったものをいいます

 

不全脱臼(亜脱臼)関節の一部が外れてしまったものをいいます

 

【脱臼の種類】

 

●外傷性脱臼

スポーツや日常生活における転倒や事故、肉体労働での関節の酷使によって関節が外れてしまったものになります。
顎、肘、鎖骨部分も脱臼することがありますが、脱臼の多くが「肩関節」に発生するといわれています。

 

●病的脱臼

関節に問題があることで、通常では脱臼を起こさないような弱い外力によって関節が外れてしまったものになります。

 

●麻痺性脱臼

関節を支える筋肉が麻痺することによって、脱臼したものになります。
原因としては、脳血管障害による片麻痺、病気による神経麻痺脳性麻痺などが挙げられます。

 

●拡張性脱臼

関節内の炎症によって関節が拡張することで、脱臼したものになります。
原因としては急性化膿性股関節炎股関節結核などが挙げられます。

 

●破壊性脱臼

関節の構造が破壊されることで、脱臼したものになります。
原因としては、関節リウマチ骨壊死などが挙げられます。

 

【脱臼の固有症状】

 

一般外傷症状である「疼痛(痛み)」「腫脹・関節血腫(内出血による腫れ)」「機能障害(関節の運動制限)」以外に次のような固有症状がみられることがあります。

 

関節の変形:関節面がずれてしまうことで、関節の変形がみられることがあります。

 

弾発性固定:関節を構成する骨が、脱臼した位置で固定されてしまう状態をいいます。

特に肩関節は、脱臼時に関節面が損傷されたり、靭帯、関節包が緩んでしまうことで、再発を繰り返しやすくなるといわれています。

脱臼の処置方法と日常生活で行える予防法について

もし日常生活で脱臼してしまった場合、どのような処置をしていけばよいのでしょうか?
脱臼は一度起こすと再発しやすくなることから、日常生活で予防していくことも大切です。

こちらでは急性の外傷に有効な「RICE処置」「日常で簡単にできる予防法」について詳しくご紹介していきます。

 

【RICE処置】

 

●Rest(安静):損傷を悪化させないように、患部を安静にします。
関節を包帯で固定したり、三角巾で腕を吊るす場合もあります。

●Icing(冷却):血管を収縮させて内出血を抑えるために、患部を冷却します。
袋に入った氷水を患部にあてて冷やします(冷やしすぎにご注意ください)

●Compression(圧迫):患部をバンテージや包帯、テーピングで圧迫することによって腫脹を抑えます。

●Elevation(挙上):患部を心臓より高い位置に挙上することで、内出血を抑えます。

RICE処置はあくまでも応急処置です。
できるだけ早急に接骨院・整骨院、医療機関に行って適切な処置(整復・固定)を受けましょう。
処置の早さが、その後の治癒スピードにも影響を与えるといえます。

 

【日常生活で行える脱臼の予防法】

 

●テーピングで固定する

関節が正常の可動域を越えて捻られることで、脱臼は生じやすくなっています。
スポーツや仕事で関節を動かなさないといけない場合、テーピングやサポーターで関節を保護しておくと脱臼の予防として効果的です。

 

●脱臼する動きを避ける

肩関節は「外転(腕を外側に挙げる動き)」「伸展(腕を後ろに伸ばす動き)」「外旋(肩を外にひねる動き)」が重なることで脱臼しやすくなっています。
特に一度脱臼した方は再負傷しやすくなっていますので、上記の動きはなるべく避けるようにしましょう。

松戸中央整骨院の【脱臼】アプローチ方法

初回は応急処置として整復(外れた関節を元の位置に戻し患部を固定します。)を行い整形外科を受診してDr.に治療の同意を頂きます。

 

【脱臼に対する施術方法】

 

■保険施術

原因が明確である捻挫・打撲・挫傷・骨折・脱臼や繰り返しの動作によるケガに対して使用できます。
保険が使用できるか判断が難しい場合などはご相談ください。

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を流すことにより、神経の圧迫・炎症を抑える、インナーマッスルの活性化に期待ができます。
寝違えやぎっくり腰などの症状にアプローチして痛みの緩和を目指します。

 

■特殊固定具

・プライトン

キャスト材を用いて患部を固定する物で包帯よりも固定力に優れているので骨折や捻挫の治療に用います。

・アルフェンス

アルミ製の長方形の板を骨折した患部に当てて骨折した場所の動揺を抑えて固定する為に使います

・厚紙副子

患部に合わせて形をカットする事が出来るので固定力に優れています。
主に骨折の固定に使います。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで、症状の緩和を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:寺内 大二
趣味:スポーツ観戦

ウォーキング
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:松戸駅前中央整骨院
住所〒271-0077 千葉県松戸市根本2-1
最寄:松戸駅から徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】松戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 松戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】松戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 松戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】松戸駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中