膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 立ち上がると
    膝が痛む

  • 階段の昇降が
    つらい

  • 長時間歩くと膝が痛むが、休むと痛みが治まる

  • じっとしているのに膝に痛みがある

原因が分からない膝の痛みについて

膝は身体を支え、歩いたり動いたりするために使われます。

 

そのため、膝に痛みがあると生活で不便が生じるものです。

 

長時間歩くと膝が痛んだり、立ち上がる時に膝の痛みがあったり、

膝の痛みがあるのに原因が分からないという方は少なくありません。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

慢性的な膝の痛みの原因について

転倒や衝突によって膝の痛みが生じれば、ケガをしたということが分かります。

しかし、原因は分からないけれど慢性的に膝が痛いというような場合もあり、慢性的な膝の痛みに悩んでいる方は多いものです。

慢性的な膝の痛みには、さまざまな原因が考えられます。

 

【膝の持つ役割】

 

膝は重い上半身を支える役割と、下半身を動かすという2つの大きな役割を持っています。

日頃から上半身を支えているため膝は常に負荷がかかっており、日常のあらゆる動作をするために膝が動かしています。

膝は歩いたり走ったり、階段昇降などでは負荷が大きくかかることから、日常生活に大きな影響が出ます。

 

 

【膝の痛みの原因】

 

膝の痛みが起こる原因はケガや病気などさまざまなことが考えられ、原因によっては発症する年齢などもさまざまです。
膝の痛みが起こる原因として考えられるものは次の病気やケガが考えられます。

●変形性膝関節症

膝は体重の負担が大きくかかる部分であり、加齢や体重などが膝軟骨をすり減らしていきます。
変性した膝軟骨は、炎症を起こして痛みや膝の動かしにくさなどが生じます。

●関節リウマチ

関節リウマチは、免疫異常によって引き起こされる痛みや炎症です。
全身のどの関節にも起こる可能性があり、炎症が続けば変形や脱臼なども引き起こします。

●半月版損傷

膝関節にある半月板が何らかの原因で損傷している状態を半月板損傷と言います。
スポーツ中の負荷や、加齢による変性が原因になり得ます。

●膝関節靭帯損傷

膝にある靭帯が損傷している状態が膝関節靭帯損傷で、スポーツや交通事故などによって大きな力が外から加わることで起こります。
膝の痛みだけではなく、腫れや歩行障害が発症します。

 

膝の痛みを悪化させないための対策

膝の痛みがあると少し動いたりするだけでも痛みが走ったり、動けなくなってしまったりするため生活が不便になります。

そのため、少しでも痛みを悪化させないために日頃から対策をすることが大切です。

病気やケガが原因の場合と、病気以外が原因の場合では対処法が異なるので、それぞれに合った対処法を行います。

 

【日常で行える対処法】

 

膝の痛みを悪化させないため、また膝の痛みが発症しないように予防するには日常でできる対処法を行います。
スポーツや日常生活において膝を受傷した場合の痛みには、応急処置を行いましょう。
病気やケガで膝が炎症を起こし、痛みや腫れがある場合には冷やすことで痛みを緩和することが期待できます。
冷却パックなどで15分ほど冷やして様子をみてください。

 

【安静にした方がいい場合】

 

病気やケガが原因の場合でも、病気以外に原因がある場合でも、膝の痛みが強い場合には無理をして動く必要はありません。
痛みが強いのに動かすことで、症状が悪化する可能性があります。
また、スポーツや日常生活において膝を受傷した場合、受傷直後は患部を動かさないようにして安静にしましょう。
安静にしながら患部を冷やし、包帯やテーピングで軽く圧迫しながら固定します。
心臓より高い位置に足を挙げるような体勢にすることで、炎症や痛みを軽減させられます。

 

【動かした方がいい場合】

 

加齢などが原因で起こる変形性股関節症の場合には、日常的にストレッチなどで動かすことで改善・予防が期待できます。
膝の屈伸のストレッチだけではなく、全体のバランスがとれるように全身のストレッチも行うことをおすすめします。
筋力を高めることで膝も強くなるので、ウォーキングなど適度な運動も取り入れましょう。
また、病気やケガで膝が痛む場合にも改善がみられてきてからは、リハビリとして膝を動かしましょう。

 

松戸中央整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

当院ではまず最初にカウンセリング・検査をしっかり行い、身体全体を検査して、その上で施術プランを決め施術に移ります。

関節の動き方が悪いと負担がかかるので、主に「骨格矯正」「ハイボルト療法」「ドレナージュ(DPL)」「鍼灸」「カッピング」を使って滑らかに関節が動くようにしていきます。 その他にも、歩行の動作を確認して「テーピング」「サポーター」「包帯」など使用して歩行改善も行い根本改善していきます。

 

 

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を流すことにより、神経の圧迫・炎症を抑える、インナーマッスルの活性化に期待ができます。
寝違えやぎっくり腰などの症状にアプローチして痛みの緩和を目指します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

人間の身体には微弱電流が流れていて、その乱れによって症状が出てしまうことがあります。
丸いテープを貼ることで乱れた体内の微弱電流を整えるとこを目指します。
テープにはいくつか種類があり、それぞれ効能に特徴があるため症状に合わせてテープを使い分けます。

 

■テーピング

痛めている筋肉のサポート・保護・手助けすることで症状の緩和を目指します。
テーピングにはさまざまな種類があり、それぞれ効果や役割に特徴があるので症状に合わせたテーピングテープを使用します。

 

■骨格矯正

筋肉の緊張によりゆがんでしまった骨格を正しい位置に調整することで、症状緩和を目指します。
姿勢改善や肩こり、腰痛などの慢性的な症状改善も期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで、症状の緩和を目指します。

 

■ドレナージュ
【DPL】

クリームを使うことでふくらはぎや膝裏の血液、リンパの流れの促進を目指します。
溜まった老廃物を流すことが期待できる施術です。
足のむくみや冷え性などの症状でお悩みの方におすすめです。

 

■カッピング

透明なカップの球を使用した施術です。
皮膚を吸引して持ち上げることにより皮膚と筋肉の間の血液循環の促進を目指すことで、筋肉を緩ませる効果が期待できます。

 

■鍼灸

鍼の刺激が起こす好転反応によって患部の修復機能が高まり、症状の早期回復が期待できる施術です。
お灸はモグサを皮膚の上(ツボに)置いて燃やし、温熱刺激によって体調を整えることを目指します。
免疫機能・代謝機能を高め病気になりにくい身体を目指します。冷え性や婦人科系の病気でお悩みの方におすすめの施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:寺内 大二
趣味:スポーツ観戦

ウォーキング
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:松戸駅前中央整骨院
住所〒271-0077 千葉県松戸市根本2-1
最寄:松戸駅から徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】松戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 松戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】松戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 松戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】松戸駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中