原因不明の痛み・しびれ
(足・足の裏)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)によくある症状

  • たまに足先に
    しびれを覚える

  • 歩き出そうと
    すると足が痛む

  • 腰から下半身が
    重く感じる

  • 足の裏に
    チクチクしたような痛みがある

原因不明の足の痛みやしびれ症状

何もしていないのに足にしびれが現れたり、

足裏に痛みや違和感があるといった症状が現れても

原因が分からずに放っておく方も多いかもしれません。

 

また、膝や股関節あたりに痛みを覚えて歩きづらさを覚えるような

症状が現れることもあるでしょう。

 

これらの症状が起こる原因は、腰や骨盤

その他の病気が関係している可能性があります。

原因不明の痛み・しびれ改善メニュー Recommend Menu

足に痛みやしびれなどの症状が現れる原因

足に痛みやしびれといった症状が出るからといって、原因が足だけにあるとは限りません。

足の痛みやしびれの症状はさまざまな原因が考えられ、足とは関係のない部分が原因になっていることも多いものです。

しばらくすれば改善すると放っておく方も多いかもしれませんが、実は病気が隠れている可能性もあります。

 

【足の痛みやしびれの原因】

 

足の痛みやしびれが症状として現れる場合、腰や骨盤が原因になっているケースが多く挙げられます。

腰痛は血液循環の悪さが原因で筋肉の緊張を起こすことで痛みが生じますが、血液循環が悪いと血管が神経を圧迫することがあります。

神経は腰から足に繋がっているため、足に痛みや症状が現れる場合もあるのです。

また、骨盤がゆがむことで内臓の位置が移動してしまい、神経を圧迫してしまっているケースもあります。

 

こういった病気とは関係のない部分で神経が圧迫されることで痛みが生じる場合もありますが、次のような病気が潜んでいることも考えられます。

 

●エコノミークラス症候群

飛行機や自動車など狭い場所に長時間座ったりすることで、血流の流れが悪くなることで血栓ができてしまう病気です。
足にしびれが起こる他、呼吸困難や胸の痛みなどの症状が現れます。

●足根管症候群

骨折や腎不全などによるむくみ、関節リウマチなどによってかかとの裏にある神経が圧迫される病気です。
足の裏にチクチクする痛みや、歩くと焼けるような痛みを発症します。

●椎間板ヘルニア

背中にある椎間板が加齢などが原因で外側に突出することで神経を損傷する病気です。
肩や背中の痛み、足のしびれ、脱力感など全身にさまざまな症状が起こります。

●扁平足(へんぺいそく)

足裏は通常であればアーチ状になっていますが、加齢や体重増加などによって平らな状態になってしまった状態のことを言います。
足の裏や外側に痛みや腫れが起こり、歩行障害が起こることもあります。

●外反母趾(がいはんぼし)

足の親指の付け根が飛び出し、「くの字」の状態になることです。
外反母趾になると靴と摩擦を起こしやすくなるため、歩くと痛みを生じます。

●変形性股関節症

加齢などが原因で股関節の軟骨がすり減って変性を起こす病気です。
足の付け根あたりの痛みや、関節の可動域に制限が生じるといった症状が現れます。

●関節リウマチ

関節の痛みや腫れを起こす自己免疫系の病気です。
全身の関節に症状が現れる可能性はあるので、足首や手指にも生じることがあります。

 

足の痛みやしびれへの対策・予防方法

足の痛みやしびれの原因が病気にある場合は、病気を改善することから始める必要があります。

しかし、病気が原因ではない場合には日常生活で行える対策で症状を改善・緩和しましょう。

 

【日常で行える予防方法】

 

足のしびれなどの症状は、腰痛や骨盤などが原因で起こっているケースも多いものです。

つまり、腰痛や骨盤のゆがみを改善することで足の痛みやしびれが解消されることが期待できます。

腰痛も骨盤のゆがみも、どちらも日常における負荷や疲労が蓄積されて起こるものなので、日常生活の見直しから行ってみましょう。

●日常生活の癖や習慣を見直す

骨盤は日常生活の癖や姿勢の悪さが積み重なり、ゆがみを起こします。
そして、その姿勢や癖によって腰は大きな負担がかかることで、腰痛を引き起こすのです。
ゆがみや腰痛の原因となる日常生活における癖や習慣は次のことが挙げられます。

・立つ時に壁や物に寄りかかる
・足を組んで座る
・バッグを片側の肩や腕でばかり持つ
・足に合っていない靴を履く
・スマホを見る時にうつむき加減になる

これら以外にもさまざまな些細な動作が積み重なって負荷を与え、ゆがみに繋がっています。
全てを一度に改善することは難しいかもしれませんが、少しずつ改善できるように意識してみましょう。

●ストレッチをする

腰は上半身を支えることで大きな負担がかかっているものの、動かさなければ血流は悪くなって筋肉も硬くなってしまいます。
そうすれば腰痛も起こりますし、硬くなった筋肉が神経を圧迫してしまうかもしれません。
血流改善と筋肉の柔軟性を高めるためにも、日常的にストレッチを取り入れましょう。

また、筋力をつけることで骨盤のゆがみを予防することにも繋がります。

 

松戸中央整骨院の【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)】アプローチ方法

当院では足にしびれや痛みがある場合、腰・骨盤に原因がある可能性が高いと考えています。

そのため、まず最初に腰から下肢にかけて検査を行い原因を追究し、患者さんお一人お一人に合わせた施術を行います。

それから「ハイボルト療法」「鍼」を使って股関節の調整や全身の筋肉を緩めて正していき、患者さんお一人お一人に合わせた施術を行っています。

万が一、重度な症状の方は医療機関へのご紹介も可能ですのでご安心ください。

 

 

【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高電圧の電気を流すことにより、神経の圧迫・炎症を抑える、インナーマッスルの活性化に期待ができます。
寝違えやぎっくり腰などの症状にアプローチして痛みの緩和を目指します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

人間の身体には微弱電流が流れていて、その乱れによって症状が出てしまうことがあります。
丸いテープを貼ることで乱れた体内の微弱電流を整えるとこを目指します。
テープにはいくつか種類があり、それぞれ効能に特徴があるため症状に合わせてテープを使い分けます。

 

■テーピング

痛めている筋肉のサポート・保護・手助けすることで症状の緩和を目指します。
テーピングにはさまざまな種類があり、それぞれ効果や役割に特徴があるので症状に合わせたテーピングテープを使用します。

 

■骨格矯正

筋肉の緊張によりゆがんでしまった骨格を正しい位置に調整することで、症状緩和を目指します。
姿勢改善や肩こり、腰痛などの慢性的な症状改善も期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで、症状の緩和を目指します。

 

■超音波療法

関節や靭帯、筋肉に音波の刺激を与えることで、靭帯や筋肉の早期回復を目指します。
プローグと患部の間にジェルを塗ることにより、音波の刺激が患部に入るよう促します。

 

■鍼灸

鍼の刺激が起こす好転反応によって患部の修復機能が高まり、症状の早期回復が期待できる施術です。
お灸はモグサを皮膚の上(ツボに)置いて燃やし、温熱刺激によって体調を整えることを目指します。
免疫機能・代謝機能を高め病気になりにくい身体を目指します。冷え性や婦人科系の病気でお悩みの方におすすめの施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:寺内 大二
趣味:スポーツ観戦

ウォーキング
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:松戸駅前中央整骨院
住所〒271-0077 千葉県松戸市根本2-1
最寄:松戸駅から徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】松戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 松戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】松戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 松戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】松戸駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中